建物の性能と構造 〜安心・安全なわけ〜

フラット35対応

オーエッチ工業の住宅はフラット35に対応しています

フラット35は、民間金融機関と住宅金融支援機構が提携してみなさまに提供している長期固定金利住宅ローンです。
長期固定金利住宅ローンは、資金のお受取り時に返済終了までの金利・ご返済額が確定する住宅ローンですので、長期にわたるライフプランを立てやすくなります。

詳しくは「フラット35」公式サイトをご覧ください。

住宅瑕疵担保責任保険(財団法人住宅保証機構 まもりすまい保険)

安心と安全を確かな保証でお応えします

オーエッチ工業は住宅保証機構株式会社による住宅瑕疵担保責任保険を採用しています。
万が一、保証期間中に登録事業者が倒産しても、10年間の長期保証(構造耐力上主要な部分)について、補修費用から免責金額10万円を除いた額の95%が保険金等としてお客様へ支払われるので安心です。

詳しくは「住宅保証機構株式会社」公式サイトをご覧ください。

住宅瑕疵担保責任保険(住宅保証機構株式会社 まもりすまい保険)

地盤調査

地盤調査とは、地盤の強度を調べることにより、その地盤の上に建物を建設できるかどうかを測定することです。
オーエッチ工業ではスウェーデン式サウンディング試験機を用いた地盤調査を行い、最適な基礎づくりを行います。

地盤調査イメージ

2×4工法

2×4工法 省令準耐火構造

耐久性

床・壁・天井がはじめから面としてつくられます。
その面で6面体をつくるように家をつくりますので、地震や台風などの外部の力を面全体で受け止めることができ、ねじれや変形・倒壊を防ぎます。
湿気に対して二重、三重の対策が取れますので、住いの耐久性が高いです。

耐震・耐風性

在来木造のように柱やハリで空間を支えていると、外からの圧力は、全部接合部の「点」に集中して、そこに非常に大きな力がかかります。
一方2×4工法は床・壁・天井などの6面体の壁全部で家を支える壁構造。
地震などの力を床などの面全体に分散できるので、ヒズミ、ユガミも起こりません。
力学的にも6面体構造は合理的で最もバランスのよい構造体といわれています。

耐火性

「木造は火に弱い。」単純にそうお考えではありませんか?しかし2×4住宅はコンクリート系住宅と同等の耐火性があるのです。
ファイヤーストップ構造。
万一火災が発生しても、火が出た部屋から他の部屋への火の回りを、最小限にとどめることができます。

遮音性

木が鉄よりも音の伝搬係数が低いことに加えて、さまざまな技術を採用しています。
多層構造を持つ厚い壁は、室外の音を30dBもカットすることができます。

遮音性イメージ

省エネ性

気密性と断熱性が高いので、夏涼しく冬暖かい住まいを実現します。
もともと気密性が高い2×4工法は、さらに外壁の中に断熱材を入れるなどして暑さ寒さを防ぐための工夫が
なされ、非常に高断熱です。

省エネ性イメージ

自由設計

2×4工法は設計面においても優れており、自由度の高い住まいづくりができます。
室内の開放感を演出してくれる吹き抜け等も、2×4工法の得意とするところです。

自由設計イメージ

基礎パッキング工法

建物全体にわたる換気スリットを有する基礎パッキング工法により、床下換気が行きわたり腐朽菌や白アリの発生を防止し建物の耐久性を高めます。
また土台がコンクリート基礎と直接触れないため、コンクリートからの湿気による土台の腐朽を更に防止します。

基礎パッキング工法イメージ

剛床工法

稀に起こりうる大地震や暴風雨によって生じる水平力を効率よく耐力壁や基礎に分散させるためには、剛性の高い床構造の存在が欠かせません。
1階・2階、全フロアに構造用合板24mmを使用し、その上にさらに12mm厚フローリングを施工し36mmの床厚を実現。
抜群の強度を誇ります。また1階には床断熱(カネライト)を使用することにより、耐火性能をアップ、2階は遮音マットを含む3層構造ですので、遮音性にすぐれています。

剛床工法イメージ

ページトップへ